靴クリーニングでカビもきれいに

お気に入りの靴は手入れして長く履きたいですよね。足は毎日大量の汗をかきますし、土埃にまみれ、雨風にさらされ、ダメージを受けています。それらのダメージを回復するには、日頃、自分でまめにお手入れししたり、数足をローテーションで履くことが不可欠です。

それでもやはりダメージは蓄積していくのでたまに専門店での靴クリーニングをお勧めします。汚れを取り、見た目をきれいに回復するとともに、気になる臭いも取り去ってくれます。ですがそんな時、クリーニングに出していいか迷う……こんなことありませんか?

しっかり乾燥して保管したはずなのに、シーズンになっていざ出してみるとカビが生えていた、ブーツやしばらく使っていなかった革靴などいつの間にかカビまみれになっていることがありますよね。保管場所の湿度や通気性の問題もあるでしょうが、まずは目の前の靴の問題です。

表面だけであればさっと拭いてクリーニングに出そうという気にもなりますが、あまりにひどいとお店に持っていくのも躊躇しますね。どの程度のカビなら落ちるのか、果たして受付で嫌な顔はされないだろうかと。でも心配はいりません。結論から言うとひどいカビでもクリーニング可能です。もし気に入っている靴に大量のカビが生えてしまっても、それだけで処分するのは早計というものです。特にスエードやエナメルについたカビは家庭でケアするのが難しいそうですが、素人では太刀打ちできない根深い汚れ、カビだからこそプロの力できれいに洗浄してもらいましょう。靴クリーニングを利用したことがない方のために簡単にどういった内容かご紹介します。